定期的に受けたほうがいいHIV検査|自分の体を守る為に行なおう

レディ

病院で血液や尿の検査

看護師

病院なら安心して治療

体調が悪くなったとき、その原因を知る必要があります。激しい痛みや生活がつらいような場合は、治療目的で病院などに行くことが出来ます。しかし、単にだるさがあるだけ、違和感があるだけだとそのまま生活することもあります。性病に感染するときも、それほど大きな痛みがあるわけではありません。病状が進行すると痛みになることもありますが、感染当初は気づきにくいです。もし感染する行為があったなら性病検査をして感染しているかどうかを調べるのが良いでしょう。デリケートな病気だけにあまり知られたくないこともあるでしょう。手軽に行う方法としてキットを取り寄せて行う場合もあります。方法なども決められているのである程度はわかりますが、正確にわかるかどうかその人によって異なります。性病検査を正確にしてもらいたいなら病院を利用した方が良いでしょう。

ウイルスの有無を調べる

性病は、性行為などで病気を持っている相手から感染することで発症します。病気によって異なりますが、単に握手をしたり、その人が使ったものを使ったとしても感染することはありません。病気になるときは、それぞれの病気のウイルスが体内に入ることで起こります。性病検査では、ウイルスが体内にあるかどうかを調べてもらいます。具体的に性病検査ではどんなことを行うかですが、ウイルスが検出されそうな体液の採取が行われます。血液、尿が一般的で、それ以外にはのどの粘膜を採取して行うこともあります。病院などであれば注射をして行います。自宅で行えるキットなどでも、血液を簡単に採取できる器具が入っていますから、誰でも利用することができます。